綺麗な胸

バストアップにおすすめの対策方法

街を歩けば、さまざまなバストアップ商品を目にすることができますから、バストの大きさを気にしている女性でしたら、購入をして使用をしたことがある人も多いと思います。
しかし、期待をして使用をしたものの、思ったような効果が現れないことも少なくありませんよね。
実は、バストの成長は日常の生活習慣と深く関わっていると言われています。
ここでは、普段、気をつけるだけでおこなうことのできるバストアップ対策についてお話をしたいと思います。

1. 食生活
バストアップをするためには、栄養に偏りのない食事をすることが大切になります。
栄養が偏ると、体の機能が正常に働かなくなるため、必要な栄養が充分に行き渡る事ができずに、バストの成長を妨げてしまいます。
バストアップをするためには、バストに良いとされる大豆などを取り入れながら、バランスの良い食事をとることが大切になります。

2. ストレス
ストレスが溜まると、自律神経のバランスを崩して体のさまざまな機能の働きを悪くします。
ホルモンバランスも崩れるため、女性ホルモンの分泌も悪くなって、バストの生長を妨げてしまいます。
ストレスを緩和するためには、睡眠をしっかりととって、好きな音楽を聞くなど、一日、数分でも良いので、くつろげる時間を作るようにしましょう。

3. 睡眠
睡眠時間が少なかったり、質の悪い睡眠を続けていると、自律神経のバランスが乱れて、その結果女性ホルモンの分泌が悪くなります。
質の良い睡眠をとるためには、夕食と睡眠の間の時間にゆっくりとお風呂に入って、適度な運動をおこなうようにしましょう。

4. 喫煙
タバコには血管を収縮させて、血液の流れを悪くする働きがあります。
血液の流れが悪くなると、バストに必要な栄養も運ばれにくくなります。
また、タバコに含まれているニコチンには、女性ホルモンの分泌を妨げる働きがあるため、バストの成長にも悪い影響を与えますし、さらに、不妊の原因にもなります。
タバコを吸うことは、健康に害は与えることはあっても、良い影響は与えません。

5. アルコールとカフェイン
アルコールやカフェインの入った飲み物は、質の良い睡眠をとる妨げになります。
バストアップに必要となるホルモンは深い眠りについている時に多く分泌をされているため、質の良い睡眠をとれないことはバストアップの妨げになるのです。
また、カフェインには脂肪を分解する働きがあるため、必要以上に摂取をするとバストを小さくする可能性があります。

6. 冷え
冷えは女性の大敵だとよく聞きます。
体が冷えると血液の流れが悪くなり、バストに必要な栄養が行き届かなくなりますし、女性ホルモンの分泌も悪くするため、バストの成長以外にも生理痛や生理不順などの婦人科系の不調につながる場合もあります。
冷えを改善するためには、ごぼう、人参、れんこん、生姜などの根野菜のように体が温まる食材を多く食べて、トマトやキュウリなどの体を冷やす夏野菜や、冷たい飲み物は避けて食事をするように心がけましょう。

また、適度な運動と入浴も冷えの予防になります。
今、お話をしたバストアップ対策は、今日からでもおこなうことのできる簡単な方法です。
バストアップサプリメントやバストアップクリームばかりに頼るのではなく、身近なところからまず改善をさせて、バストアップを目指すようにしましょう。

このページの先頭へ