綺麗な胸

大きな胸だけではなく綺麗な胸を目指そう

テレビを見ていると胸の大きな女性がもてはやされているところをよく目にしますし、日常生活の中でも、胸の大きな女性の方が男性に優しくされている気がしませんか?そんな光景を頻繁に目にしていると、女性としては、どうしても大きなバストに憧れてしまいますよね。
しかし、バストアップに効果があると言われている方法をおこなったとしても、効果の現れ方は人それぞれ違います。
3サイズのバストアップに成功をする人もいれば、残念ながらほとんど効果の現れない人も存在するのです。

また、バストが大きい人は、バストの重さでクーパー靭帯が伸びやすく、将来、胸が垂れやすい傾向にあります。
どんなに大きなバストを持っていても、バストの位置が下に垂れ下がっていたり、ハリのない状態でしたら、魅力を感じることはできませんよね?
例えば、Eカップくらいの大きなバストの女性であっても、バストが下がって、あばら骨が見えていたりすると、若々しさが感じられないので、あまり魅力的な女性には思えませんが、Bカップくらいの女性であっても、デコルテがふっくらとしていて、若々しさを感じることができれば、そのほうが魅力的に感じるものです。

つまり、魅力的な女性になるためには、バストのサイズばかりにこだわるのではなく、綺麗なバストを目指すことの方が大切になるのです。
綺麗なバストの定義は人それぞれ違いますが、一般的には、バストのトップが上を向いていて、全体的にふっくらとした半球型をしているバストが綺麗だと言われています。
綺麗なバストの形を保つためには、ストレッチによって、大胸筋などのバストを支えている筋肉を鍛えることと、普段から、胸を張った美しい姿勢で生活をすることが大切になります。

また、綺麗なバストを手に入れるためには、バストの色も重要になります。
デコルテや襟元からチラッと見えたバストの色が不健康であるよりも、美しい肌色をしていた方が女性としての魅力が増しますよね。
バストの色を美しい肌色にするためには、血液の流れや、リンパの流れを良くすることが大切です。
食事、運動、睡眠、などの生活習慣に気をつけて、マッサージやストレッチをおこなうことで血液やリンパの流れを良くして、健康で美しい肌色のバストを手に入れましょう。

このページの先頭へ