綺麗な胸

冷え性はバストの大敵?

女性の約70%が悩まされていると言われる冷え性。
冷え性になると、周囲の気温が高いのにも関わらず、手足が常に冷えていたり、布団の中に入っても体の冷えでなかなか眠ることができないなどの症状が起こります。
このような冷えの症状を体質によるものだと考えて、何も対策をせずに放置をしている人も少なくありませんが、冷えは大病の元とも言われており、冷えの症状が長く続くことで体のあらゆる部分が支障をきたしてしまうのです。

それは、バストの成長も例外ではありません。
冷えは血液の流れが悪くなることによって起こります。
血液がスムーズに体の中を循環することで、熱が発生をして体が温かくなる仕組みになっているので、血液の流れが悪くなると、血液が行き届かない部分に冷えを感じるようになるのです。

また、人間の体は寒さを感じると、毛細血管を収縮させて体温調整をおこなう仕組みになっているため、冷え性の人は常に血液の流れが悪い状態が続くことになります。
血液の流れが悪くなることで、バストの成長に必要となる栄養分や女性ホルモンが運ばれにくい状態となりますし、リンパの流れも悪くなるので老廃物が溜まって、新陳代謝が悪くなります。
また、冷え性が起こる原因には、女性ホルモンの乱れが関係をしているとも言われています。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、血管拡張作用があるため、エストロゲンが不足をしていると血管が収縮をして血液の流れが悪くなり、冷えの症状を引き起こすのです。
このことからも、妊娠時期の女性や更年期を迎えた女性の中に、冷えの症状で悩まされている人が多いのは、女性ホルモンの乱れが原因となっていると考えられます。
冷え性とバストの大きさに悩んでいる女性は、サプリメントやバストアップクリームなどの方法を試す前に、まず、冷え性を改善することから始めるようするにしましょう。
冷え性の症状を改善するためには、内側から体を温めることが大切になります。
毎日、ゆっくりとお風呂に浸かるようにして、ゴボウ、人参、蓮根、生姜などの根野菜、里芋などの芋類、かぼちゃ、ネギなどの体が温まる食材を多く摂るように心がけましょう。

このページの先頭へ